中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

『イスラム過激派モニター』は、「イスラーム国」やアル=カーイダ等のイスラーム過激派諸派に関して、これまで「中東かわら版」を通じて発行していた内容により詳細な分析を加えたレポートです。

2018/07
No.M18-8 2018年8号 シリア:安田純平氏の動画と「シャーム解放機構」 2018年7月18日、シリアに密航した後何者かに捕らわれて消息を絶った安田純平氏の動画が、報道機関に出回った。同氏の動画が出回るのは7月6日に続いてのことである。頻度としては、同氏が消息を絶って以降、2016年3月と同年5月に動画が出回ってから2018年7月まで期間を置いたが、最近相次いで発信されたことになる。動画の存在を報じた報道機関によると・・・
2018/07
No.M18-7 2018年7号 シリア: 「シャーム解放機構」の概要 2018年7月6日、日本テレビはシリアで消息を絶っていた記者の安田純平氏の最新映像を放映した。同氏は、2015年6月に海外安全情報を無視してシリアに密入国した末、何者かに捕らわれていた。報道によると、安田氏を捕らえているのは「シャーム解放機構」であるが、今般出回った映像でも、2016年3月と5月に出回った動画と同様、製作者の身元やメッセージ・要求事項についての情報は一切含まれていない。従って、・・・
2018/06
2018年6号 アフガニスタン:ラマダーン明け「停戦」の顛末2018 年6 月16 日、17 日の両日、アフガン東部のナンガルハル県で自爆攻撃が発生し、数十人が死傷した。両日とも、ラマダーン明けの祝祭期間中で、アフガン政府、ターリバーンの双方が期限付きの「停戦」を宣言しており、双方の高官らが会合を持つなど、異例とみなされる光景があった。しかし、・・・
2018/05
2018年5号 ベルギーの事件について「アアマーク」名義の短信が出回る
2018年5月29日、ベルギー東部リエージュで男が発砲し、警察官2名、民間人1名が死亡する事件が発生した。この事件について30日、「イスラーム国」の通信社を自称する「アアマーク」名義の短信が出回った。「イスラーム国」の広報活動は・・・
2018/05
2018年4号 「イスラーム国」がインドネシアでの教会3 カ所爆破事件の犯行声明を発表2018 年5 月13 日、インドネシアのジャワ島東部のスラバヤにて、教会3 カ所に対する自爆攻撃が発生、警察は実行犯6 人を含む13 人が死亡、41 人が負傷したと発表した。犯行は6 人家族(両親と18 歳、16 歳、12 歳、9 歳の子供)によるもので、事件について「イスラーム国 東アジア」名義の犯行声明が出回った。
2018/05
2018年3号 「イスラーム的マグリブのアル=カーイダ」がフランス企業、西側企業を脅迫「イスラーム的マグリブのアル=カーイダ」は、5月8日付で「フランスと西側の企業と機関に宣戦を布告し、イスラーム的マグリブとサハラ諸国にてこれらの企業・機関で働くムスリムに警告する声明」と題する声明を発表した。声明の要旨は以下の通り。
2018/04
2018年2号 ターリバーンが2018年の攻勢開始を宣言ターリバーンが、2018年4月25日より今期の軍事攻勢を開始すると発表した。軍事攻勢は「ジハード・ハンダク攻勢」と命名された。攻勢を「ハンダク」と命名したことは、
2018/04
2018年1号 「イスラーム国」の報道官が演説を発表2018年4月22日、「イスラーム国」の幹部の演説などの重要な声明類を製作・発信するフルカーン広報製作機構は、同派の公式報道官であるアブー・ハサン・ムハージルの演説を発表した。演説は「かれらの導きに従いなさい(コーラン第6章90節)」と題し、「イスラーム国」の作品としては長大な約49分にもわたるものである。主な内容は、以下の通り。

  


PAGE
TOP