機関誌『中東研究』

『中東研究』ご案内

『中東研究』は昭和33年9月に創刊され、中東に関する研究論文、時事解説、資料等を掲載する日本で唯一の中東総合雑誌です。

  1. 『中東研究』は年3回の発行となります(5月末日、9月末日、1月末日発行予定)。
  2. 従来のVol.IV(データ編)は、2010年度より『別冊・中東研究 データ編』、2013年度より『別冊・中東研究 :中東各国動向』となります。『別冊・中東研究 データ編』及び『別冊・中東研究:中東各国動向』は、電子版(デジタル版)でのご提供となり、従来の冊子版(紙版)は廃止されます。Fujisan.co.jpよりデジタル雑誌版を、中東調査会よりPDF版を販売致しております。
発行
年度
主な内容号数Vol.頁数定価
(税別)
2005 【中東地域動向】 大使便り、第一回アジア中東対話会議 489 116 2,000円
2005 【特集 “イラクの混迷と中東の進む道”】 488 87 2,000円
2004 データ編“2005年中東各国動向” 487 170 2,000円
2004 【焦点 “イラン”】 486 79 2,000円
2004 【焦点 “中東とテロ”】 485 103 2,000円
2004 【特集 “サウジアラビア”(改訂版)】 484 116 3,000円
2003 データ編 “2003年中東各国動向” 483 Ⅲ/Ⅳ 229 2,000円
2003 【特集 “イラク戦争”】 482 Ⅰ/Ⅱ 268 完売しました
2002 【特集 “現代の中東・イスラム世界への視点”】 481 160 2,000円
2002 【特集 “中東2003”】 480 2,000円
2002 【米国の中東政策】 湾岸政策を中心に、エジプトから帰って、イランの中央政治機構に関する動態的分析、統計で見る中東社会 479 2,000円
2002 【個と社会規範】 日本とイスラム社会を比較して、最初のパレスチナ分割案-1973年ピール委員会報告の今日的意味、資料:中東諸国の人口 478 2,000円
2001 【異文化理解への視点】 国際テロが問いかけるもの、「ペルシア湾安全保障」を求めて-湾岸戦争後のイランと域内情勢の変容、中東各国要人一覧 477 完売
2001 【特集 “中東2002”】 476 完売
2001 【特集 “中東和平の行方”】 475 完売
2001 【特集 “米国同時多発テロ以降の国際社会”】 474 完売

< 戻る 1234 


PAGE
TOP