『中東研究』ご案内

『中東研究』第539号発行のお知らせ

『中東研究』第539号(2020年度Vol.II)が発行されました!

 

*****現在、在庫切れにより一時的に販売を停止しております*****

9月30日発行の『中東研究』539号はおかげさまでご好評を博し、10月9日現在、当会には冊子版の在庫がない状況です。つきましては、現在ご購入をお考えの方は以下から購入方法をお選びください。

・Amazon:冊子版
・Fujisan(https://www.fujisan.co.jp/):デジタル版 
・中東調査会:CD版、またはPDF版

お問い合わせ先:中東調査会 金谷
03-3371-5798
mideastij★hotmail.com  ★を@に変えてください

***********************************

本号では「米国核合意離脱後のイラン」と題する特集を組み、2018年5月に米国がJCPOAを離脱した後のイランをめぐる情勢について、多方面から分析しました。JCPOAと米国の中東地域戦略、イラク国内政治、制裁下のイラン経済、反体制派モジャーヘディーネ・ハルグの現状、イラン・中国関係の歴史が考察されています。

このほか、「焦点」ではサウジアラビアの石油政策、「最近の動向」ではトランプ政権のシリア政策とシーシー政権のエジプト外交政策の論文を所収しております。

本号にも、昨今の中東情勢を見通すべく、時宜にかなった論文が多数集まりました。是非お手にとってご覧いただければ幸甚です。

 

目次

【大使の見たままに】

アフガニスタン紛争――和平と国連および日本 / 山本 忠通

【特集:米国核合意離脱後のイラン】

米国によるJCPOA 離脱の戦略的インプリケーション / 秋山 信将

イラン・米間緊張を反映するイラク国内政治抗争 / 酒井 啓子

イラン経済アップデート――制裁、コロナ、グレート・リセット / 櫻井 秀子

イランの反体制派は故国に戻れるのか?――モジャーヘディーネ・ハルグの現状と展望 / 佐藤 秀信

イランと中国の協力関係の歴史――現代中東危機の側面の1つとして / 田中 聡一郎

【焦点:中東の経済・ビジネス・エネルギー】

サウジアラビアの石油政策の行方――エネルギー転換と石油の将来 / 松尾 博文

【最近の動向】

トランプ米政権のシリア政策の功罪 / 青山 弘之

シーシー政権下エジプトの外交政策 / 市場 裕昭

【書評】

登利谷 正人 著

『近代アフガニスタンの国家形成――歴史叙述と第二次アフガン戦争前後の政治動向』 / 青木 健太

塩尻 和子 編著

『リビアを知るための60 章【第2版】』 / 高橋 雅英

 

定価:本体2,000円+税 ※送料別

※『中東研究』は冊子版の他、セキュリティ付きのPDFファイルによるCD/DVD版も販売しております。

|


PAGE
TOP