『中東研究』ご案内

『別冊・中東研究:中東各国動向(2019)』発行のお知らせ

別冊・中東研究:中東各国動向(2019)が発行されました!

『別冊・中東研究:中東各国動向(2019)』が3月1日に発行されました。(通常の『中東研究』とは異なり、会員向け配布はございません)

本シリーズでは、1年間の中東各国動向をまとめた「日誌データ編」と、重要なニュースをピックアップして解説した「かわら版」を収録しておりますが、2019年版はさらに以下を収録しました。

会員限定レポート「イスラーム過激派モニター」

イスラーム過激派モニター班が過激派の重要動向を分析した会員限定レポートです。

特別書き下ろし:「自由で開かれたインド太平洋」と中東

「自由で開かれたインド太平洋」構想において中東が果たすべき役割に関し、専門家にインフラ開発と秩序形成に焦点を当てて分析を行っていただきました。

[収録論文]

青木 健太「「自由で開かれたインド太平洋」におけるインフラ開発と秩序形成――チャーバハール港とグワーダル港を中心に」

ジャガナート・パンダ「Connectivity at Core: India’s West Asia policy, China, and the Prospects for India-Japan Cooperation」[英語]

鈴木 均「イランをめぐる現状とチャーバハール港開発」

笠井 亮平「中国の一帯一路とグワーダル港開発」

ティトリ・バス「Japan, India and the Chabahar Connect in the Indo-Pacific」[英語]

 

1044頁の大ボリュームでご提供いたします。

今号も資料価値の高いデータ、原稿が集まりました。是非お手にとってご覧いただければ幸甚です。

  • 別冊・中東研究:中東各国動向(2019)
  • 定価 本体2,000円+税
  • 発行所 公益財団法人中東調査会
  • 発行日 2020年3月1日

 

 ☆かわら版編の一例☆

 ☆日誌データ編の一例☆

 ☆特別書下ろし:「自由で開かれたインド太平洋」と中東 の一例☆

 

 

 

 

ご購入方法

(1)中東調査会からPDFファイルとして

直接、当会にEメールでお申込下さい。セキュリティつきのPDFファイルが入ったCD/DVD-ROMをお届けします[別途、送料をご負担頂きます]。

お支払方法:

お申込を受領した後、CD/DVD-ROMと請求書を送付致しますので、指定の銀行口座に代金をお振込みください。

お申込み先・お問合せ先:

TEL: 03-3371-5798

E-mail: mideastij@hotmail.com

 

下記注文フォームをお書き添え下さい。

======<注文フォーム>========

ご氏名:
ご所属名:
ご所属部署名:
Eメールアドレス:
電話番号:
 
必要部数:『別冊・中東研究:中東各国動向(2019)』   部
 
書籍・請求書送付先:
請求書宛名:

======================

 

(2)雑誌のオンライン書店 Fujisan.co.jp へのお申し込み

読みやすいデジタル雑誌版です。クレジットカードもご使用できます。  

https://www.fujisan.co.jp/product/1281691873/

 

『別冊・中東研究:中東各国動向(2019)』目次

2019年かわら版編

<湾岸・アラビア半島地域>
アラブ首長国連邦(UAE)
イエメン
イラク
イラン
オマーン
カタル
クウェイト
サウジアラビア
バハレーン
 
<東地中海地域>
イスラエル
シリア
トルコ
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
 
<北アフリカ地域>
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
 
<その他>
アフガニスタン
イスラーム過激派

 

2019年日誌データ編

<湾岸・アラビア半島地域>
アラブ首長国連邦(UAE)
イエメン
イラク
イラン
オマーン
カタル
クウェイト
サウジアラビア
バハレーン
 
<東地中海地域>
イスラエル
シリア
トルコ   
パレスチナ
ヨルダン
レバノン
 
<北アフリカ地域>
アルジェリア
エジプト
チュニジア
モロッコ
リビア
 
<その他>
アフガニスタン

 

特別書き下ろし: 「自由で開かれたインド太平洋」と中東

「「自由で開かれたインド太平洋」と中東」に寄せて
 
青木 健太
「自由で開かれたインド太平洋」におけるインフラ開発と秩序形成
 ――チャーバハール港とグワーダル港を中心に
 
Jagannath P. Panda
Connectivity at Core:India’s West Asia policy, China and the Prospects
for India-Japan Cooperation
 
鈴木 均
イランをめぐる現状とチャーバハール港開発                                           
 
笠井亮平
中国の「一帯一路」とグワーダル港開発                                                 
 
Titli Basu
Japan, India and the Chabahar Connect in the Indo-Pacific

|


PAGE
TOP