中東情報分析

中東分析レポート(会員限定)

バイデン政権発足後のイエメン戦争

No.R21-01 バイデン政権発足後のイエメン戦争

1月に米国でバイデン政権が発足し、外交政策についての具体的なビジョンが次第に浮かび上がってきたことは、中東諸国の当面の地域外交における方向性にも少なからぬ影響を与えています。特にイエメン戦争については、各勢力に具体的な動きが確認できます。バイデン政権は発足前に言われたようなトランプ前政権の揺り戻しなのかといった点を含め、イエメン戦争を事例としてサウジアラビアの動向を中心に高尾研究員が 考察します。

【目次】
1.発足前に示唆されたバイデン政権の中東政策
2.発足後に示されたバイデン政権の中東政策
3.イエメン戦争の現状:米国と国内勢力の反応
4.GCC 諸国の対応とサウジによる停戦案
5.展望:政治的解決の見通し


PAGE
TOP