中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

「イスラーム国」新カリフに対する各支部の忠誠表明と近況

No.M22-17 「イスラーム国」新カリフに対する各支部の忠誠表明と近況

 2022年11月30日の「イスラーム国」(IS)による、新カリフ発表を受けて、同派の地域支部(州)は、それぞれ彼に対する忠誠の誓い(バイア)の儀礼を行い、インターネット上で公開した。カリフはISの首領だが、その権威は基本的に政治領域に限られる(例えば彼のイスラーム解釈が「正統」なものとして拘束力を持つわけではない)。また各州は、カリフの具体的な指示や支援によって武装活動を行っているわけではないと考えられている。これらを考慮すれば、各州の忠誠表明は、ISの一州であるとの自己規定を維持する方針を世に伝えること以上の意味はないともいえる。一方、各州にとって忠誠表明の儀礼は、メンバーが集まって行われる性質上、各派の士気や規模を喧伝する機会となる。この前提で、本稿は各州の忠誠表明の状況を確認し、それを近年の各派の武装活動と照らし合わせることで、各地のISの伸張ないし衰退状況を分析する。

【目次】
1.各州の忠誠表明一覧
2.各州の武装活動の傾向
3.まとめと補足


PAGE
TOP