中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

2022年9号 ターリバーン復権後の「イスラーム国」ホラーサーン州

No.M22-09 2022年9号 ターリバーン復権後の「イスラーム国」ホラーサーン州

 2021年8月15日にアフガニスタンでターリバーンが政権奪取を宣言してから1年が経った。経済低迷や地震被害(2022年6月)、さらに米国による首都カーブルでのアル=カーイダ指導者ザワーヒリー師の殺害発表(2022年8月1日)等もあって、同国の治安状況には一向に落ち着く気配が見られない。こうした中、2015年初頭からアフガニスタンで活動してきた「イスラーム国」(IS)のホラーサーン州(ISKP)も、カーブルをはじめとした各都市で武装活動を継続している。本稿では、ターリバーンの政権奪取後のアフガニスタンで、ISKPがどのような展開を見せているのかを検証する。

【目次】
1. 過去一年間のISKPの作戦数
2. 過去一年間のISKPの作戦地域
3. 評価


PAGE
TOP