中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

2021年4号 イラク国内の電力不足を誇る「イスラーム国」

No.M21-04 2021年4号 イラク国内の電力不足を誇る「イスラーム国」

2020年末より、イラクでは「イスラーム国」(IS;イラク州)が「経済戦争」と称して、主な活動範囲であるディヤーラー、サラーフッディーン、キルクークの三県で送電塔の破壊を続けてきた。そしてこの成果とばかりに、2021年8月3日に『電力枯渇』と題した映像を配信し、国内の電力不足に対応できていないカージミー政権の失政をはやし立てた。ただし、これをもってイラクでの同組織の巻き返しに結びつけるのは、やや早計だろう。


PAGE
TOP