中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

2019年16号 アラビア半島のアル=カーイダが米国の権益への攻撃を脅迫

No.M19-16 2019年16号 アラビア半島のアル=カーイダが米国の権益への攻撃を脅迫

2020年2月2日、インターネット上で、アラビア半島のアル=カーイダの幹部であるカーシム・ライミーの演説「(アッラーは)信者の人びとの胸を癒される」(コーラン9章14節)が出回った。演説の長さは18分10秒ほどあり、2019年12月に米国フロリダ州のペンサコラ海軍航空基地で発生したサウジ人将校による銃撃事件の実施を認める旨の内容である。今次演説の要旨は以下の通り。


PAGE
TOP