機関誌『中東研究』

イスラーム過激派モニター(会員限定)

2018年4号

2018年4号

「イスラーム国」がインドネシアでの教会3 カ所爆破事件の犯行声明を発表
2018 年5 月13 日、インドネシアのジャワ島東部のスラバヤにて、教会3 カ所に対する自爆攻撃が発生、警察は実行犯6 人を含む13 人が死亡、41 人が負傷したと発表した。犯行は6 人家族(両親と18 歳、16 歳、12 歳、9 歳の子供)によるもので、事件について「イスラーム国 東アジア」名義の犯行声明が出回った。


PAGE
TOP