中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

2022年13号 「イスラーム国」イランがシーラーズでの攻撃を主張

No.M22-13 2022年13号 「イスラーム国」イランがシーラーズでの攻撃を主張

2022年10月26日、イラン南西部のシーラーズにあるシャー・チェラーグ廟で銃の乱射事件が起こり、死者15名、負傷者23名が発生したと報じられた。同日、攻撃を主張する犯行声明が「イスラーム国(IS)イラン」の名義で発出された。声明概要は、以下の通りである。(中略)今次攻撃でまず注目すべき点は、イランでは2018年以来となるISの攻撃が何を意味するかである。(中略)第二に注目すべき点は、直接の攻撃対象が政府関連主体ではなくシーア派の一般民衆であったことである。


PAGE
TOP