中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

2020年6号 イドリブ県のイスラーム過激派諸派と外国勢力――トルキスタン・イスラーム党について――

No.M20-06 2020年6号 イドリブ県のイスラーム過激派諸派と外国勢力――トルキスタン・イスラーム党について――

2020年6月下旬、イドリブ県を占拠するイスラーム過激派諸派の間で抗争が発生した。抗争自体は、シリアにおけるアル=カーイダの一派である「シャーム解放機構(旧称:ヌスラ戦線)」と、同派とアル=カーイダとの「分離」を良しとせずに発足した「宗教擁護者機構」という、いずれもアル=カーイダに連なる団体との間の権益争いだった。「シャーム解放機構」が「宗教擁護者機構」などからなる連合体に勝利していったんは沈静化した模様であるが、この抗争を通じて明らかになった重要な問題は、イドリブ県を占拠するイスラーム過激派の中に、外国起源の個人や集団が非常に多いということだった。


PAGE
TOP