中東情報分析

イスラーム過激派モニター(会員限定)

2018年11号 シリア: ロシア・トルコ合意に対するイスラーム過激派諸派の反応

No.M18-11 2018年11号 シリア: ロシア・トルコ合意に対するイスラーム過激派諸派の反応

2018年9月17日にロシアとトルコとがシリアのイドリブ県について、「非武装地帯」の設定などで合意した。これにより、イドリブ県での大規模な戦闘が回避されたとの楽観的な雰囲気があるが、合意を履行するためにはイドリブ県を占拠する武装勢力の主力であるイスラーム過激派の退去や討伐が不可欠である。イスラーム過激派には、トルコと提携関係にあるもの、アル=カーイダと親密な関係にあるもの、外国人からなる集団などが混在している。また、今般の合意に対する諸派の対応も各々異なる可能性が高い。本稿執筆時点での主要団体の反応は以下の通り。


PAGE
TOP