『中東研究』ご案内

『中東研究』第532号発行のお知らせ

 『中東研究』第532号(2018年度 Vol.Ⅰ)が発行されました!

本号では、「トランプ大統領によるエルサレム首都宣言と中東和平への影響」と題する特集を組みました。米国のトランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と認定し、本年5月、米国の在イスラエル大使館をエルサレムに移転しました。首都宣言に対しては、パレスチナ人のみならず諸外国からも批判が上がっています。首都宣言は中東和平プロセスにどのような影響を与えうるのか。この問題を、トランプ政権の中東政策(江﨑論文)、イスラエル内政(中島論文)、レバノン在住のパレスチナ難民(児玉論文)、イスラーム過激派(髙岡論文)という観点からそれぞれ個別に分析しています。

このほか、「最近の動向」では、シーシー大統領の再選が決まったエジプト大統領選挙に関する分析(金谷論文)を掲載しています。

本号にも、昨今の中東情勢を見通すべく、時宜にかなった論文が多数集まりました。是非お手にとってご覧いただければ幸甚です。

目次

【大使の見たままに】

変革の時代とサウジアラビア/奥田 紀宏

バーレーン王国メモワール/浅子 清

【特集:トランプ大統領によるエルサレム首都宣言と中東和平への影響】

中東和平の枠組みをめぐる対立――米国によるエルサレムのイスラエル首都認定の背景とその影響 /江﨑 智絵

独立70周年を迎えたイスラエルの今後/中島 勇

エルサレム問題をめぐるレバノン在住のパレスチナ人の動向/児玉 恵美 

エルサレム問題とイスラーム過激派の知的退行/髙岡 豊

【最近の動向】

2018年エジプト大統領選挙でのシーシー再選――見せかけの安定か/金谷 美紗

【書評】

Bahar Başer and Ahmet Erdi Öztürk (eds.)

Authoritarian Politics in Turkey: Elections, Resistance and the AKP/櫻井 幸男

Asef Bayat

Revolution without Revolutionaries: Making Sense of the Arab Spring/千坂 知世

Gerald MacLean

ABDULLAH GÜL and the Making of the New Turkey/柿﨑 正樹

 

定価:(本体2,000円+税) ※送料別

※『中東研究』は紙版の他、セキュリティ付きのPDFファイルによるCD/DVD版も販売しております。

|


PAGE
TOP