中東かわら版

№61 アルジェリア:小規模な内閣改造(第5次サラール内閣)

  7月23日、ブーテフリカ大統領は、3ポストのみの小規模な内閣改造を行った。なお、農業・地方開発省と漁業・水産資源省が統合された。

 

(旧)

(新)

貿易相

アマーラ・ベンユーニス

バフティー・ベルアーイブ

農業・地方開発・漁業・水産資源相(統合)

アブドゥルカーディル・カーディー

サイイド・アフマド・ファルーヒー(前漁業・水産資源相)

青年・スポーツ相

アブドゥルカーディル・ハムリー

ハーディー・ウルド(ワラド)・アリー

 

(第4次サラール内閣リストは、2015年5月20日付『中東かわら版』No.24を参照)

 

 

評価

 今回は小規模な内閣改造であるが、アマーラ・ベンユーニスの更迭が人事変更の中心である。ベンユーニス貿易相は、酒類の輸入・販売の自由化に関する決定をめぐり、メディアや政界から大きな批判を浴びたため、更迭の対象となったと考えられる。

 その他については、農業・地方開発省と漁業・水産資源省は統合され、後者の大臣であったサイイド・アフマド・ファルーヒーが統合された省の大臣に任命され、前者の大臣であったアブドゥルカーディル・カーディーは、ティパーザ県知事となった。また、青年・スポーツ相であったアブドゥルカーディル・ハムリーは健康状態悪化により大臣職を遂行できなくなっていたため、更迭された。

(金谷研究員)

◎本「かわら版」の許可なき複製、転送はご遠慮ください。引用の際は出典を明示して下さい。
◎各種情報、お問い合わせは中東調査会 HP をご覧下さい。URL:https://www.meij.or.jp/

| |


PAGE
TOP