講演会の案内

12.1 中東情勢オンライン講演会(酒井 啓子 千葉大学グローバル関係融合研究センター長/藤原 帰一 東京大学大学院教授)

  • 講演会の案内
  • 公開日:2021/11/09

12.1 中東情勢オンライン講演会(酒井 啓子 千葉大学グローバル関係融合研究センター長/藤原 帰一 東京大学大学院教授)

 

 中東調査会は、中東・国際政治をご専門とする酒井 啓子 千葉大学グローバル関係融合研究センター長と、藤原 帰一 東京大学大学院法学政治学研究科教授のお二人を講師にお招きし、9.11から20周年を経た現在の中東情勢についての講演会を開催いたします。本講演会は、オンライン(Zoomウェビナー)での開催となります。

 なお、本講演内容の一部は、『中東研究』第542号(9月30日発売)における講師ご執筆の論文内容を含みます。(「アラブ民族主義と軍と左派――アラブ60 年の栄枯盛衰」及び「バイデン政権と世界――アメリカ外交の転換と課題」)

※『中東研究』第542号

https://www.meij.or.jp/publication/chutoukenkyu/2021_02.html

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

  

 

日 時: 2021年12月1日(水)13:30~15:00(日本時間)

演 題: 酒井 啓子(千葉大学グローバル関係融合研究センター長)

     「9.11後の「対テロ戦争」が生んだもの:IS、内戦、宗派対立」

     藤原 帰一(東京大学大学院法学政治学研究科教授)

     「権力の限界-アメリカ中東政策の展開と現在」

コメント 金谷 美紗(中東調査会・上席研究員)

参加費:会員 1,500円 

    非会員 3,500円

※これまでの講演会とは参加費が異なるのでご注意ください。

※お振込み後の払い戻しは対応致しかねます。

 

なお、『中東研究』第542号(2,000円+税・送料)を今回新たにご購入の方は、会員・非会員を問わず、参加費を無料とさせていただきます。

 

主 催: 公益財団法人中東調査会

 

※まことに勝手ながら、お申込み先着順とさせて頂きます。また、定員に達した場合は、お申込みを締め切らせて頂くことがございますので、あらかじめご了承頂けますと幸いです。

 

 

1.お申込方法

(1)下記に必要事項をご記入の上、中東調査会宛(LDA03532@nifty.com )にご返信下さい。

申込者氏名(フリガナ):

法人名:

部署・役職名:

Email:

TEL:

住所:(『中東研究』第542号ご購入の方のみ)

※ご記入いただいた個人情報につきましては、適切に管理し、当講演会に関する業務のみに使用いたします。

 

(2)参加費(『中東研究』第542号をお買い求めの方は雑誌代)お振込先

みずほ銀行 虎ノ門支店 

普通 2115962 

口座名義 ザイ)チュウトウチョウサカイ

振込期日 2021年11月26日(金)23:59

 

2.ご入金確認後、ウェビナー事前登録依頼メールを送信します

(1)ご入金が確認できた方に、11月29日(月)に「ウェビナー事前登録依頼メール」をお送りします。同メール内のリンクから必ずご登録ください。

(2)ウェビナーの事前登録後、「中東調査会」名でウェビナー講演会のURLが届きます。当日はこのURLからご参加ください。

 

【ご注意ください!】

※ウェビナーへの事前登録をしないままですと、当日ご参加頂けません。

※1アカウント1名様のみとさせて頂きます。同一名義で複数のログインはご参加をお断りすることもございますのでご注意ください。

※Zoomの操作に関するお問い合わせはお受けできません。

 

3.当日の流れ

・講演開始時間の5分前からウェビナーにご参加頂けます。

・皆さまの音声と画像はオフとさせていただきます。

・画面内の「Q&A」にご質問をお書入れください。司会者が取りまとめた上で、講師に質問します。

・動画の撮影・録画は固くお断りいたします。

 

4.お問い合わせ先

TEL:03-3371-5798 Email:LDA03532@nifty.com

担当:高橋、伊藤 

 

【講師略歴】

酒井 啓子(さかい けいこ)

千葉大学グローバル関係融合研究センター長。1982-2005年アジア経済研究所研究員、1986-89年駐イラク日本大使館専門調査員、1995-97年カイロ・アメリカン大学客員研究員、2005-2012年東京外国語大学教授を歴任ののち、2012 年より千葉大学教授。主著に、「9.11 後の現代史」(講談社現代新書)など多数。

 

藤原 帰一(ふじわら きいち)

東京大学院法学政治学研究科教授。東京大学法学部卒業、同大学大学院博士課程単位取得満期退学。フルブライト奨学生としてイェール大学大学院に留学。東京大学社会科学研究所助手を務め、千葉大学法経学部助手、同助教授、東京大学社会科学研究所助教授を経て、1999年から現職。前東京大学未来ビジョン研究センター長、フィリピン大学アジアセンター客員教授、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際研究院客員教授、米国ウッドローウィルソン国際学術センター研究員等を歴任。

 

以上

| |


PAGE
TOP