講演会の報告

7.31中東情勢オンライン講演会(鈴木啓之東京大学大学院特任准教授「COVID-19と西岸併合に揺れるイスラエルとパレスチナ」)

  • NEW講演会の報告
  • 公開日:2020/08/03

7.31中東情勢オンライン講演会(鈴木啓之東京大学大学院特任准教授「COVID-19と西岸併合に揺れるイスラエルとパレスチナ」)

 

2020年7月31日(金)、鈴木 啓介(東京大学大学院特任准教授)を講師にお招きし、中東情勢オンライン講演会を開催しました。

 

講師:鈴木 啓介(東京大学大学院特任准教授)

演題:「COVID-19と西岸併合に揺れるイスラエルとパレスチナ」

 

(講演会はオフレコで行われた)

 

 

 

冒頭、講師より、イスラエルとパレスチナにおけるCOVID-19感染拡大抑制に向けた対応について詳しく説明があった。また、イスラエルによる西岸併合の方針を受けて、防疫対策上の調整停止、及び、第2波の到来の現状について解説があり、最後に今後の見通しについて述べられた。質疑では、イスラエル内政動向、COVID-19のパレスチナ財政への影響、及び、周辺国との関係等について質問が出た。

 

 

 

(※講演内容は講師の個人的見解であり、講師の所属先の立場や見解、認識を代表するものではありません)

| |


PAGE
TOP