講演会の報告

12.6 第26回中東情勢分析発表会(研究員 高尾賢一郎、研究員 青木健太)

  • NEW講演会の報告
  • 公開日:2022/12/06

12.6 第26回中東情勢分析発表会(研究員 高尾賢一郎、研究員 青木健太)

2022年12月6日(火)、研究員の高尾賢一郎と青木健太による第26回中東情勢分析発表会(オンライン)を開催しました。

 

報告者:研究員 高尾 賢一郎

演題:「サウジアラビア内外政:ウラー宣言を経た地域外交の展開と「有終の美」を見据えるビジョン2030」

 

 ウラー宣言を経た地域外交の展開を概観し、サウジアラビアの地域外交や、サウジ・ビジョン2030の集大成を見据えた動きについて説明した。質疑では、サウジ内政の展望や財政面でのビジョン2030の実現見通し等についての質問が出た。

 

報告者:研究員 青木 健太

演題:「イラン抗議デモの背景と展望:ライーシー政権が直面する試練と大きな変化を見せるイラン社会」

 

  イランでの抗議デモの政治・経済・社会的背景について、過去のイランで発生した抗議デモとの比較から説明した。また、今回の抗議デモがイラン国内外に与える多岐にわたる影響や今後の展望を検討した。質疑では、最近の動向やイラン・トルコ関係等についての質問が出た。

 

(発表会はオフレコで行われた)

(※報告内容は報告者の個人的見解であり、報告者の所属先の立場や見解、認識を代表するものではありません)

 

以上

| |


PAGE
TOP