書面インタビュー

中東情勢分析:駐日中東大使に聞く 第9回 ギラッド・コーヘン・イスラエル大使

  • 書面インタビュー
  • 公開日:2021/12/21

中東調査会はこれまで、日本に駐在している中東諸国の大使に講演をお願いしてきました。しかしながら、2020年度より新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大によって、対面での講演会実施が困難な状況が続いています。そこで中東諸国の大使に、書面インタビューの形式で各国の内外政の状況についてお答えいただくこととなりました。

第8回目は、イスラエルのギラッド・コーヘン大使閣下にお答えいただきましたので各位のご高覧に供します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中東情勢分析:駐日中東大使に聞く
第9回 ギラッド・コーヘン・イスラエル大使

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(記事内容)

1.イスラエルにおけるCOVID-19ワクチン接種キャンペーンと感染防止対策、経済活動の通常化について
2.イスラエル・パレスチナ和平交渉の再開努力、平和的関係の実現に必要な取り組み
3.地域問題への対処方法(シリア紛争、イラン核問題、テロリズム、天然資源開発をめぐる対立など)
4.イスラエルとUAE、バハレーン、モロッコ、スーダンとの関係正常化の現状について
5.米中対立やイラン・中国間協力が進展する中で、中国との経済協力をどのように発展させたいか
6.日本・イスラエル間の経済協力に期待すること

 

※質問の作成は中東調査会が行いました。
※回答および大使略歴は駐日イスラエル大使館が作成しました。

 

本レポートは会員の方は無料でご覧頂けます。こちらをクリックしてください(要ID、パスワード)。また、非会員の方もご購入いただくことが可能です(税込み1100円)。ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡下さい。PDFにて送付いたします。

LDA03532@nifty.com

| |


PAGE
TOP