中東調査会について

研究員

高尾 賢一郎
たかお けんいちろう
研究員

研究領域・関心領域

現代イスラーム思想・社会史 ペルシャ湾岸アラブ地域

職歴

2011年2月   在サウジアラビア日本国大使館 専門調査員(~2013年2月)
2013年10月   上智大学アジア文化研究所 共同研究所員(~2014年9月)
2014年4月   外務省国際情報統括官組織 第四国際情報官室 専門分析員(~2016年3月)
2014年10月   上智大学アジア文化研究所 客員所員(~2016年3月)
2015年4月   立教大学 兼任講師(~2017年3月)
2016年4月   日本学術振興会 特別研究員(PD)(~2019年3月)
2017年4月~  津田塾大学 非常勤講師
2017年4月~  学習院女子大学 非常勤講師
2019年4月~  東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 ジュニア・フェロー
2019年4月~  中東調査会 研究員

学歴

2002年3月 龍谷大学国際文化学部卒業
2006年3月 同志社大学大学院神学研究科博士前期課程修了
2013年9月 同志社大学大学院神学研究科博士後期課程単位取得満期退学
2014年9月 博士(神学)取得

主要な出版物など

単行本


(2012)(共著)櫻井義秀、濱田陽編「イスラームとソーシャル・キャピタル」『アジアの宗教とソーシャル・キャピタル』220-238頁、明石書店
(2012)(共著)星野英紀、山中弘、岡本亮輔編「メッカ-聖地を擁するということ」『聖地巡礼ツーリズム』60-65頁、弘文堂
(2013)(共著)黒木英充編 「シャイフ・アフマド・クフターロー」『シリア・レバノンを知るための64章』119-121頁、明石書店
(2015)(共著)櫻井義秀、平藤喜久子編 「「イスラーム(1)イスラームの成り立ち」『よくわかる宗教学』68-69頁、ミネルヴァ書房
(2015)(共著)Mohammad H. Faghfoory & Golam Dastagir (eds.) "Western Discourse on Sufism in the Epistemological Context," Sufism and Social Integration: Connecting Hearts, Crossing Boundaries. Chicago: KAZI Publication, 427-442.
(2016)(共訳)サーミー・ムバイヤド『イスラーム国の黒旗のもとに-新たなるジハード主義の展開と深層-』高尾賢一郎、福永浩一訳、青土社
(2018)(単著)『イスラーム宗教警察』亜紀書房
(2019)(共著)髙岡豊、溝渕正季編「サウディアラビアにおけるイスラーム主義の競合――「公式」イスラーム主義による「非公式」イスラーム主義の封じ込め」 『「アラブの春」以後のイスラーム主義運動』153-179頁、ミネルヴァ書房
(2019)(共著)髙岡豊、溝渕正季編「シリアにおけるイスラーム主義の栄枯盛衰――「今世紀最大の人道危機」を遡る」 『「アラブの春」以後のイスラーム主義運動』229-259頁、ミネルヴァ書房

論文


(2011)"Shaykhs Facing ‘Orthodoxy’ and ‘Moderation’: the Case of Ahmad Kuftaru in Modern Syria" (Special Issue: Sufis and Saints Facing the Government and the Public), Orient: Reports of the Society for Near Eastern Studies in Japan, vol. 46, pp. 97-117
(2013)「宗教の社会貢献についての一考察-サウジアラビアの勧善懲悪委員会を事例とした社会における両価性の検討」『宗教と社会』19号、65-78頁
(2013)「サウディアラビアのメディアに見るイラン批判」『中東研究』518号、47-53頁
(2013)"Sufi Traditions in Modern Syria: Prosopography of the Ulemas of Damascus in the Thirteenth to Fifteenth Hijri Centuries and the Naqshbandi Khalidi Sufi Order," The Journal of Sophia Asian Studies. vol.31. pp. 17-34
(2014)「サウジアラビアにおけるサラフィー主義の位置づけ――建国思想、スンナ派正統主義、そしてカウンター・テロリズムへ」『中東研究』520号、65-73頁
(2015)「「ヒスバ」から見る「イスラーム国」の統治」『中東研究』523号、90-100頁
(2015)「サウジアラビアにおけるヒスバの継承と展開-勧善懲悪委員会を事例に」『イスラム世界』83巻、31-58頁
(2016)「「イスラーム国」による宗教的社会の形成」『応用社会学研究』58号、233-242頁
(2017)「サウジアラビアにおける宗教界の変遷と役割」『中東研究』530号、58-69頁
(2018)「現代ムスリム社会における「宗教警察」-インドネシア・アチェ州の事例を中心に―」『学習院女子大学紀要』20号、63-77頁
(2019)「サウジアラビアにおける「変革」と宗教界」『中東研究』534号、33-44頁
(2019)"Promotion of Virtue and Prevention of Vice as the Founding Ideology for Saudi Arabia and Iran"『学習院女子大学紀要』21号、69-81頁
(2019)"Policing Public Morality in Modern Muslim Societies: ‘Religious Police’ in Saudi Arabia, ‘Islamic State’ and Aceh" 『イスラーム地域研究ジャーナル』11号、3-28頁

学会報告・講演等


(2018)「建国思想としての勧善懲悪 −サウジアラビアとイランを事例に−」2018年9月9日(日本宗教学会第77回学術大会)
(2017)「現代ムスリム社会の風紀取り締まり––勧善懲悪と宗教警察––」2017年9月17日(日本宗教学会第76回学術大会)
(2017)"The Development of Ḥisba in Today’s Muslim Society: “Religious Police” and their Scope of Operation" 2017年8月12日(The International Union of Anthropological and Ethnological Sciences(IUAES), Commission on the Middle East)
(2016)「サウジアラビアに見る職業としての「ウラマー」:ワッハーブ主義におけるその役割」(企画セッション「現代ムスリム社会における宗教権威:ウラマーとイスラーム主義者を事例として」)2016年5月15日(日本中東学会第32回年次大会)

外部資金等の助成状況

「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治に関する地域横断的研究」科学研究費補助金・基盤研究B(研究課題番号:18H00613、研究期間:2018年4月~2021年3月)
「現代ムスリム知識人の地域横断ネットワークに関する研究−−ウズベキスタン・シリア・リビアのウラマー・スーフィーの交流を中心に」人間文化研究機構(NIHU)・ネットワーク型基幹研究プロジェクト地域推進事業「現代中東地域研究」平成30年度次世代共同研究(研究期間: 2018年10月~2020年3月)


PAGE
TOP