中東調査会について

客員研究員

鈴木 恵美
すずき えみ
客員研究員

研究領域・関心領域

エジプト政治社会史、地域研究(中東)、比較政治

職歴

2007年4月~  中東調査会研究員(~2008年9月)
2008年10月~  中東調査会客員研究員
2008年10月~  早稲田大学主任研究員(研究院准教授):イスラーム地域研究機構(~2013年9月)
2015年4月~  早稲田大学主任研究員(研究院准教授):地域・地域間研究機構

学歴

1996年4月   東京外国語大学アラビア語学科卒業(在学中1992年4月~1994年3月 カイロ・アメリカン大学留学)
1998年3月   東京外国語大学大学院地域文化研究科修士課程修了(修士)
2000年3月   東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(修士)
2005年3月   博士号取得(東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究)

主要な出版物など

単行本


(2007)「エジプト憲法改正--ムバーラク政権のムスリム同胞団対策」『中東研究』第496号、73-84頁、中東調査会
(2007)「古代エジプトの復活?--現代エジプトのビール事情」『中東研究』第497号、113-117頁、中東調査会
(2007)「シナイ半島ベドウィン系住民を巡る諸問題--紅海沿岸リゾート自爆攻撃とガザ密輸トンネルの背景 (国家権力のはざま)」『中東研究』第498号、74-88頁、中東調査会
(2008)「煮詰まるエジプト社会と新しい政治運動の模索--ポスト・ムバーラクのシナリオ」『中東研究』第500号、 47-60頁、中東調査会
(2009)「ヒズブッラー摘発事件--エジプトの対イラン政策と体制維持」『中東研究』第504号、55-68頁、中東調査会
(2010)「ムバーラクのエジプト--その治世における変化」『中東研究』第509号、55-63頁、中東調査会
(2012)(編、共著)『現代エジプトを知るための60章(エリア・スタディーズ107)』明石書店



論文


(2012)「エジプト革命以後の新体制形成過程における軍の役割 」(特集 中東から変わる世界) -- (「アラブの春」に見る軍・宗教・メディア : 地域間比較から)『地域研究』12(1), 135-147頁、京都大学地域研究統合情報センター
(2013)(単著)『エジプト革命--軍とムスリム同胞団、そして若者たち』中公新書


PAGE
TOP