中東調査会について

客員研究員

江﨑 智絵
えざき ちえ
客員研究員

研究領域・関心領域

中東の国際関係、パレスチナ問題

職歴

2013年 9月~  中東調査会客員研究員
2012年10月~  防衛大学校人文社会科学郡国際関係学科准教授
2008年12月~ 中東調査会研究員(~2012年9月)
2005年10月  在ヨルダン日本大使館専門調査員(~2008.10)
2004年10月  外務省情報統括官組織専門分析員(~2005.9)

学歴

2012年3月 博士号取得(筑波大学大学院人文社会科学研究科、国際政治経済学)
2001年7月 筑波大学大学院国際政治経済学研究科博士前期課程修了(修士号)
(在学中1999.9~2000.9カイロ・アメリカン大学Arabic Language Institute留学)
1998年3月 筑波大学第三学群国際総合学類卒業

主要な出版物など

単行本

(2016)「パレスチナ問題―イスラエルの国家安全保障と和平交渉」松尾昌樹・岡野内正・吉川卓郎編『中東の新たな秩序』ミネルヴァ書房、264-283頁
(2016)「オスロ和平プロセス―誕生・展開・挫折」臼杵陽・鈴木啓之編『パレスチナを知るための60章』明石書店、132-136頁
(2013)(共著)『平和構築へのアプローチ―ユーラシア紛争研究の最前線』吉田書店  
(2013)(単著)『イスラエル・パレスチナ和平交渉の政治過程―オスロ・プロセスの展開と挫折』ミネルヴァ書房

論文

(2017)「イスラエル―政治と社会の右傾化」『アジ研ワールド・トレンド』第256号、16-17頁
(2016)「オバマ政権期の米・イスラエル関係と中東和平プロセス」『中東研究』第527号、40-50頁
(2015)「アラブ諸国の政治変動における軍と武装非国家主体の台頭」『国際安全保障』第43巻3号、15-28頁
(2015)「オスロ・プロセスにおける国際社会の役割とその蹉跌―国際政治学から見たオスロ・プロセス」今野泰三・鶴見太郎・武田祥英編『オスロ合意から20年―パレスチナ/イスラエルの変容と課題』NIHUイスラーム地域研究東京大学拠点中東パレスチナ研究班、1-19頁
(2015)「イスラエルの安全保障とパレスチナ問題―アラブ政変におけるイスラエル・ハマース関係を軸とし
て」『防衛学研究』第52号、101-114頁
(2013)「イスラエルの対イラン姿勢とパレスチナ情勢」『中東研究』第518号、15-22頁、中東調査会 
(2013)「パレスチナの錯綜する利害関係」『海外事情』第61巻7・8号(2013年7月)、15-27頁
(2011)「アラブ政変におけるパレスチナと中東和平」『中東研究』第511号、 79-85頁、 中東調査会
(2010)「イスラエル・パレスチナ和平交渉における安全保障問題」『中東研究』第509号、 76-83頁、中東調査会
(2009)「パレスチナの内部対立と中東和平プロセス」『中東研究』第506号、79-88頁、中東調査会
(2009)「イランとヨルダン・パレスチナとの関係--ヨルダンの対ハマース政策を軸として」『中東研究』第505号、132-140頁、中東調査会


PAGE
TOP